DUALSHOCK4 修理&カスタム

eXtremeRate製LEDキットを使ったPS4コントローラー

最近ps4コントローラーのカスタムにはまっております。

以前から欲しかったLEDキットがようやく届きましたの、さっそく使用してみました!

使ったらこんな感じに……

LEDをそのまま点灯されることも可能ですが、グラデーションモードがあったのでそれにしてみました。

LEDを取り付けるついでにシェルも交換しようと思い、eXtremeRate製のシェルをつけたので満足度の高い仕上がりになりました!

取り付けに結構苦労したので購入を考えている方はこちらの記事を参考にしてくれればいいなと思います。

LEDカスタムする時に必要な物

必要なモノ

  • CUH-ZCT2Jのコントローラー
  • eXtreamRate製LEDキット
  • 精密マイナスドライバー(あったら楽)

 

こちらがLEDキットになります。DTFS LED Kitと書かれています。

このLEDキットはCUH-ZCT2J専用になっているため、購入の際は注意してください。

LEDキットの中にプラスドライバー、ピンセット、オープニングツールなどの工具も入っていますので、LEDキットだけ購入すれば分解からLED取り付けまで可能です。

 

eXtremeRate製LEDの購入場所

今のところ国内のショップでは売っていなかったので海外通販で買いました。

高いですが、AliExpressで購入できます。

私は高くて買おうとも思わなかったので、私はeXtremeRateのオンライン直営店で購入しました。

LEDキットを取り付け

まずはコントローラーを分解

まずは下の画像になるまで分解してください

充電コネクターは不要ですので取り外しておきましょう。

 

コントローラーの分解の仕方がわからない人はこちらの記事を参考にしてください。

参考DUALSHOCK4の分解方法(CUH-ZCT2J編)

PS4コントローラーってとても高価な割にすぐに壊れますよね。 でも意外とそれ、簡単に治せる場合があるんです。 そこで今回は分解編ということで、誰にでも簡単に分解できる方法を写真付きで解説していきます! ...

続きを見る

表側シェルの準備

まずはタッチパッドの部分を交換します!

何が違うかはよくわかりませんが、左が純正品で右がeXtremeRateです。

爪で嵌めてあるだけなので、精密ドライバーでこじ開けます。

あとは同じようにeXtremeRateの物を嵌めなおします。

次に表側シェルのボタンとシリコンパッドを付けていきます。

〇×△□ボタンは同じ形なので、間違って違う場所にはめない様注意しましょう。

ボタンとシリコンのはめ込みが終わったら、先ほどのタッチパッドも取り付けます。

これで表側シェルの準備は終わり。

 

裏側シェルの準備

次はこいつらを組み立てていきます

充電コネクタに専用のフレキシブルフィルムをつけていきます。

コネクターの表裏を間違えないように注意です。

あとは純正コントローラーと同じ様に組み立てていきます。

するとこんな感じになります

これで裏側シェルの準備は完了!

楽勝ですね~

 

基盤側の準備

次はLEDのフレキシブルフィルムを付けていきます。

アナログスティックのLEDの配線があるのですが、この線が細くて切れやすく、取り回しを間違えるとシェルに引っかかって断線してしまうので、十分に注意しながら作業してください。

ではLEDフィルムを付けていきます。

フィルムを付ける前にフィルムを折り曲げるところが2か所あるので、先に折り曲げておきます。

ここを

こんなかんじで

ここも

こんなかんじで

折り目を付けるぐらいで折り曲げれば大丈夫です。

 

あとは慎重にフィルムをつけていきます…

ここはしっかりと引っ掛けておきましょう。

あとは基盤をフィルムのついたプラスチックに固定しておきます。

 

次はスティックのLEDを張り付けていきます。

ここが少し難しいので慎重にやっていきましょう。

LEDのケーブルはこのようにケーブルを取り廻す必要があります。

もうすでにスティックを付けちゃっていますが、取り外してからLEDを付けてくださいね。

このような取りまわしにしておかないと、スティックを動かしたときにケーブルにあたって最悪断線してしまいます。

また、下の画像の穴の上をケーブルが通らない様に取り廻してください。

この穴に表側シェルの位置決め用のプラスチックが入りますので、ここのとりまわしも注意して行わないと断線してしまいます。

取り回しが終わったら、アナログスティックのLEDを両面テープでつけてください

 

スティックのLEDが貼り終わったら、スティックカバーを取り付けます。

それも終わったら、L1/R1/L2/R2のシリコンとボタンを付けるだけなんですがここでまた一つ注意

L1/R1/L2/R2のシリコンとボタンを組み終わったら、ここまで組んでください。

ここでL1/R1を押してみて確認しましょう。

私の場合はシェルとL1/R1が激突してて押せませんでした。(全部組んだ後に発覚したのでまた分解する羽目になりました)

ここが激突していました。

なのでこの部分を

こんな感じでカットします。

なぜ当たるかはよくわかりませんが、シェルによっては必要のない作業になるかもしれません。(不良品だったのかな?)

 

最終組み立て

では準備したシェルや基盤を組み立てていきます

充電コネクターから出ているフレキシブルフィルムとバッテリーコネクターを挿していきます。

バッテリーコネクターは最後につけてください。

コネクターの形状が違うので挿し間違えは起こらないですが、

挿すときに少し硬いのでしっかりと挿して下さい。

 

挿し終わったらバッテリーコネクターを上の画像の位置に収納しておいてください。

あとはバックシェルを付けていきます。

つけるときはケーブルなどの取り回しに注意です。

変なところに挟まって断線しない様、丁寧にやっていきます。

私は下のように取り回しをして、テープで配線をバッテリーに固定しました。

バックシェルがはまったら裏のねじを付けて終わりです。

かなり気疲れしたでしょう。お疲れさまでした!

 

まとめ

気をつけて作業するポイントが多いですが、やっていることは簡単ですので迷っている方はぜひチャレンジしてください!

自分でつくるオリジナルコントローラーは格別ですよ!

ただし、eXtremeRate以外のLEDパーツを買うときは注意しましょう。

このショップはは高品質なのでいいですが、中には低品質なパーツもあります。

安物買いの銭失いにならないよう気をつけてください!

 

人気記事

1

2021年9月24日にiPad mini 第6世代とiPad 第9世代が発売されます。 どちらも性能が向上しており、特にiPad 第9世代は前モデルと比べてさらにコスパが良くなっています。 iPad無 ...

2

目次1 PS4コントローラーのボタンが反応しない原因2 まずは分解しよう3 〇×△□または十字キー、L1/R1が反応しない場合4 L2/R2の反応が悪い場合5 L3/R3スティック押し込みの反応が悪い ...

3

ipadで4本指でプレイし始めようとする人は画面配置やレイアウトに悩んでいる方もいると思います。 今では荒野行動は成熟したモバイルFPSとなっているためほとんどの強いプレイヤーはiPadを使用して4本 ...

4

荒野行動をプレイする上で画質設定はかなり重要です。 画質設定は戦闘を優位に運ぶためには必須の設定で、この設定を怠ると敵を見つけられなかったりエイムが当てにくくなるなどの支障が出ます。 今回はiPadや ...

5

スティックの押し込みを頻繁に使用するゲームでは、押し込みはよく壊れる部分になります。 その修理方法は、具体的な症状によって変わりますので症状別に修理の方法を解説していきます。 反応が悪いかどうかはスマ ...

-DUALSHOCK4 修理&カスタム
-,