DUALSHOCK4 修理&カスタム

eXtremeRateのキットを使ってPS4コントローラーに背面ボタンを追加!楽々スカフ風カスタム

FPSゲーマーの方にはコントローラーに背面ボタンが欲しいなと考えている方がいるはず。

背面ボタンが既に追加されているスカフコントローラーというのがありますが、価格は2万円~なのでかなり高価です。

今回紹介するものは既存の純正コントローラーを使用して背面ボタンを簡単かつ安く、自分で組み立てることができる

eXtremeRate製 DAWN Remap Kit というものをご紹介。

自分で組み立てる分手間がかかりますが安く済みますし、自分で思った通りのカスタムコントローラーを作れます。

また、この組み立てキットはスカフコントローラのようにいつでも背面ボタンの割付を変更できる特徴があります。

それではこのキットの組み立て方、必要な道具などを解説していきます!

 

必要な道具や準備するコントローラー

必要な道具やコントローラー

  • CUH-ZCT2JのPS4コントローラー
  • ドライバー(任意)
  • オープニングツール(任意)
  • 背面ボタン追加キット(eXtremeRate製 DAWN Remap Kit)
  • はんだごて(任意
  • はんだ(任意)

eXtremeRate製の背面ボタン追加キットはAmazonで4000円ほどで売っています。

しかし、国内のショップではカラーバリエーションが少ないためGaming cobraでの購入をお勧めします。

ドライバーやオープニングツールは背面ボタン追加キットに付属してありますが、やりづらいので必要な方は別途購入しましょう。


はんだごてに関しては、L3/R3やタッチパッドボタンを背面ボタンに設定したい人のみ購入してください。

はんだごてを使用しない場合、背面に設定できるボタンは〇×△□と十字キーとL1/R1/L2/R2だけになりますのでご注意ください。

当ブログでは、温度調整ができるはんだごてをお勧めしています。

 はんだごてを使用する際は、はんだごてのスタンドも必須です。

はんだは通電すればどれでもOKです。(物知りな方には怒られる発言ですが笑)

はんだは少量しか使わないので安くて量が少ないもので構いません。

 

今回購入したDAWN Remap Kit

購入したキットはこんな箱に入ってます。結構しっかりした箱ですね

中身はこんな感じです。

専用のバックシェル、背面ボタンがはんだ付けされてある基盤、背面ボタンのパーツ、専用のフレキシブルケーブルなどが付属されております。

一応オープニングツールやドライバーも入っていますので、キットを購入すれば分解から組み立てができるものとなっています。

 

まずはコントローラーを分解して必要なパーツのみ取り外す

背面ボタンキットを組み立てる前に必要なパーツを純正コントローラーから取り外します。

取り外す部品

  • フロントシェル
  • 各ボタンとシリコンパッド
  • メイン基板とフレーム
  • バッテリー
  • タッチパッド
  • 充電コネクター部品

バックシェルは組み立てキットに付属されているので不要です。

分解したことがない人はこちらの記事を参考にしてください。

参考DUALSHOCK4の分解方法(CUH-ZCT2J編)

PS4コントローラーってとても高価な割にすぐに壊れますよね。 でも意外とそれ、簡単に治せる場合があるんです。 そこで今回は分解編ということで、誰にでも簡単に分解できる方法を写真付きで解説していきます! ...

続きを見る

下の画像の部品が必要なので取り外していきましょう!。

今回は私はフルカスタムをするので各ボタンやスティックパーツなどもeXtremeRateの物を使用します。

この際ついでなのでシリコンパッドも交換していきます。

eXtremeRateのパーツはGaming cobraで購入しよう!購入方法を解説しています。

eXtremeRateのパーツはとても質感が良く、評判の高いパーツショップです。 当ブログではPS4コントローラーのカスタムをいくつか紹介してきましたが、記事を見ていただいた方の中には購入方法を知りた ...

続きを見る

DUALSHOCK4の修理パーツ販売サイトリンクまとめ

PS4コントローラーをできる限り安く修理をしたい人の為に、各パーツのリンクをまとめました。 基本的にAliExpressで個人的に購入したものでよかったなと思ったパーツをまとめています。 PS4コント ...

続きを見る

 

DAWN Remap Kitを組み立てていく

必要なパーツがそろったら組み立てを行っていきます。

フロントシェルの準備

フロントシェルはボタンやシリコンをはめ込んでいくだけです。

今回はタッチパッドの部分もかっこよく見せたいので、シルバーメッキのタッチパッドに交換します。

タッチパッドのカバーを少しこじたら基盤が見えますので、オープニングツールのヘラの部分を活用して両面テープをはがしながら基盤を取り外して張り替えるだけです。

ここで先に補足しておきますが、この背面ボタンキットを使用するとタッチパッドのスライド機能がバグります。そのためこのタッチパッド基盤の入れ替え作業は必要のない作業です。

DAWN Remap Kitを使用するとタッチパッドのスライド機能がバグる

私のこだわりでできるだけ純正コントローラーの機能だけは残しておきたいので、今回はそのまま取り付けていきます。

シリコンやボタンを全て取り付けが終わったら、こんな感じです。

OPTIONやSHAREボタンも忘れずに取り付けていきます。

OPTIONやSHAREボタンをカスタムパーツ等に交換する人で、JDM-055のコントローラーを使用する場合はフレームにOPTIONとSHAREボタンが一体化しているので除去・加工する必要があります。そのやり方は簡単ですので後に解説しています。

 

バックシェルの準備

これらのパーツを組み立てていきます。要領は分解したときと同じですね。

2~3分で終わる作業なので簡単にやれます。背面ボタンは次の項目で取り付けていきます。

 

基盤側の準備

ここでRemap Kitをつけていきますが、先にL1/L2/R1/R2のボタンとシリコンを交換します。必要のない方はスルーしてOKです。(写真ぼけててすいません……)

ぱいん
シルバーメッキパーツはやはりかっこいい!!

それではDAWN Remap Kitを組み立てていきましょう!

基盤に専用フレキを付けていきます。解説しやすいようにはんだ付けされているバイブの線は取り外しています。

この辺にフレキずれを防ぐための両面テープを張ります。タッチパッドボタンを背面ボタンに設定したい方はここではんだ付けを行うので、ずれない様に両面テープで固定したほうが後々やりやすいです。

両面テープを貼ったら穴の位置に合わせてフレキを貼り付けます。表裏間違えないように注意してください!

タッチパッドボタンを背面ボタンに設定したい方はフレキとボタンの足をはんだ付けします。このボタンは必要ないという方ははんだ付けしなくてもいいです。

フレキケーブルが浮き上がらない様はんだ付けを行いましょう。

フレキケーブルの貼り付けやはんだ付けが終わったら、フレームに基盤をはめていきます。バイブの線を外した人はここではんだづけし直しておきましょう。

つづいてこの状態でRemap基盤を付けていきます。

まずは背面ボタンスイッチの不要な足を折っていきます。

はんだ付けがされていないところの足は組み立て時に干渉してしまうので、根元から繰り返し左右に折り曲げて不要な足を除去します

これらの作業を4つのスイッチ全てに行います。

ちなみにこのスイッチはOMRON製のB3Fという型式のスイッチです。

OMRONは日本国内大手の電機メーカーですので品質はもちろんのこと、価格も安いです。

このB3Fというスイッチは単価約50円なので、背面ボタンが壊れたとしても安く修理することができます。

次は専用のフレキと基盤を接続しておきます。

向きを間違えないようにフレキを挿してロックしましょう。

この次ははんだ付けをします。L3/R3を背面ボタンに追加しない人はこちらのはんだ付けはしなくてもいいですしない方ははんだ付けされていない赤と青の線をはさみなどでカットしておきましょう。

はんだづけはこの2か所に行います。

はんだづけが終わった写真がこちら

あとは徐々に組み立てていくだけです。続いてバッテリー受けのプラスチックを取り付けてネジで固定します。

先ほどはんだ付けした線が挟まって断線しない様丁寧にやっていきましょう。

また、上の写真ではタッチパッドのフラットケーブルが刺さっていますが、このケーブルはタッチパッド誤動作の元なので抜いておきます。

ここまで来たらもう少しでおしまいです!

今度はバックシェルに背面ボタンやRemap Kitの基盤を取り付けていきます。

作業をやりやすくするため下の画像のようにバックシェルを配置しましょう。

このような配置になりましたら、背面ボタンを取り付けていきます。

下の画像のようにスイッチをはめて専用のブラケットでねじ止めするだけです。

はんだ付けされている端子を出す向きがあるので向きを確認しながら取り付けましょう。

背面ボタンの右下が赤色の線のスイッチでHK1、

右下がエナメル色の線のスイッチでHK2、

左上が青い線のスイッチでHK3、

左下の緑の線のスイッチでHK4

になってます。

端子の出る向きはHK1/HK3が外向き、HK2/HK4が内向きになります。

間違えないようにご注意ください。

 

お次は温度タッチセンサーとRemap Kit基盤の固定を行います。

Remap Kit基盤から出ている銅色のシールは両面テープになっているので、下の画像のように取り付けます。

バックシェルの中央に開いている穴の下付近に張り付けましょう。

Remap Kit基盤の固定も両面テープが貼ってあるのではがして張り付けるだけですが、LEDの位置とバックシェルの穴の位置をあわせてから基盤は固定しましょう。

上の画像ある基盤にLEDと書かれているちょうど裏側にLEDがあるので、基盤のLEDの文字と穴の位置が同じところに来るようにテープで固定します。

これにて内部の処理は一通り終わりました!

あとはバッテリーなどを純正のコントローラーと同様に取り付けて、バックシェルを閉めるだけです。

シェルを閉じて裏の4本のねじを締めたら、あとは裏のボタンをとりつけるだけ。

この画像で説明すると、

左上がK1、

左下がK2、

右上がK3、

右下がK4

のパーツをはめていきます。

 

完成した写真がこんな感じになりました。

どうでしょうか?

私は派手なコントローラーが好きではないので、渋めにしてみましたが大人な雰囲気で良い感じになりました!

 

背面ボタンの設定方法

背面ボタンの設定を行うには、電源を入れて設定モードに入る必要があります。

やり方はバックシェルの裏のLEDが青く光るまでL1+R1+Down+×を同時押しまたはLED下付近を長押しタッチします。

裏のLEDが青く光ったら設定モードになったので、背面ボタンの登録が可能になります。

背面ボタンの登録の仕方は、登録したいボタンと登録した背面ボタンの箇所を同時押しすれば登録できます。登録時に裏のLEDが青く点滅すれば登録成功です。

ボタンの登録は〇+△みたいなマクロは設定できません。

また設定モード中は背面ボタンが反応しないので、壊れたかな?と勘違いしない様注意してください。

登録が終わったら設定モードをL1+R1+Down+×を同時押しまたはLED下付近を長押しタッチで解除します。

背面ボタンがしっかりと反応するか確認しましょう。

 

組み立て難易度はやや高めかな?

PS4コントローラーを何回か分解したことがある人は簡単にできる内容ですが、初めて分解も行う人には少し難しい作業になるかもしれません。

私の作業時間は大体1時間ほどでした。

このキットはAmazonで4000円で売られているのでお金に余裕がある人はチャレンジしてもいいかもしれません。

 

無理やり分解してコントローラーを破壊しない様注意してくださいね。

-DUALSHOCK4 修理&カスタム
-

Copyright© ぱいぶろ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.